有酸素運動と無酸素運動はどっちがダイエットに効果的?

こんにちは、ゆかです。

ダイエットには有酸素運動が良いのか、無酸素運動が良いのかっていう話を前回の最後にしたと思うんですけど、気になったので調べてみました。

まず有酸素運動ですが、比較的弱い力がずっとかかり続ける時は、エネルギーとして体脂肪を燃焼させる事ができます。

ただ、これはあくまでも20分以上続けることで起こるので、ある程度の時間運動を続けないといけなくなります。

対して無酸素運動は瞬間的に強い力を出すので、筋肉に貯め込んでいる糖質を使用します。

酸素がない分短時間しか運動はできないのですが、その分、基礎代謝をあげる事ができるんです。

つまりは20分までの間に体内で使われるものがあるのか、20分後から体内で使われるものがあるのかの違いですね。

体脂肪を減らすなら20分という時間がどちらにしても必要見たいです。

ここで不思議なのは、なんで20分なんだろうって事です。

蓄えられた脂肪は脂肪分解酵素であるリパーゼによって分解されることで初めて燃焼されていくことになるんだそうです。

リパーゼは高温過ぎても低温過ぎても働きが鈍くなるみたいで、運動としては多少汗ばむくらいがちょうどいいんだそうです。

その汗ばむくらいの時間が開始から大体20分くらいしてからなんだそうです。

じゃあダイエットにはどっちが効果的なのかっていうと、結論としては有酸素運動+無酸素運動を両方行うって言う事が理想みたいです。

例えばライザップに通ったとして、無酸素運動である筋トレをする事になるんですけど、それだけだと難しいって事なんでしょうね。

糖質を抑える事で、使われるエネルギーは体内の脂肪ではあるんですが、合わせてライザップに通っていない日に自分で有酸素運動を続けていかないとキレイに痩せるのは難しいって事みたいですね。

ライザップで基礎代謝をあげて、普段の生活で脂肪をしっかりと燃焼させることを踏まえて通うか検討します。